HOME > 相続財産

相続財産

 相続の対象となる財産としては、土地・建物の不動産や、預貯金が思い浮かぶと思います。
 実は、そのほかにも相続財産をされるものは、たくさんあります。中には意外と思われるものもあるのではないでしょうか。是非、チェックしてみてください。

  相続財産の対象となるもの

財産の種類 具体例
動産・不動産など 土地(宅地・農地・山林など)、建物、
預貯金、株式・自動車、
高額な動産(絵画・書画・骨董・宝石類など)
債権・債務 貸金債権、売掛債権、労働債権など
買掛金、借入金(住宅ローン、消費者金融会社、カード会社からの借入金)
その他 会員権(ゴルフ・ジムなど)、電話加入権
特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権
裁判上の損害賠償請求権



  相続財産の対象とならないもの

財産の種類 具体例
被相続人の一身に専属する権利義務 雇用契約による労働債務
生活保護受給権・恩給受給権
公営住宅の使用権など
祭祀財産 祭具(位牌・仏壇仏具・神棚など)
墳墓(敷地としての墓地を含む)
 ※ 祭祀財産は、祭祀を主宰すべき者が承継します。
被相続人の脂肪により生じる権利ではあるが、被相続人に属さない権利 死亡退職金
遺族年金
生命保険金
※ 受取人が死亡した被保険者(被相続人)自身の場合には、相続財産になります。



▲ページトップに戻る