HOME > 養子の相続

養子の相続

 養子は縁組の日から養親の嫡出子としての身分を取得します。嫡出子になるということは、相続人となる身分も取得するということです。

 実父母との相続、養父母との相続はどのようになっているのでしょうか。

  養子縁組制度

   養子縁組とは親子関係のない者同士を、法律上親子関係があるものとすることをいい、次の制
  度があります。

   普通養子

    養親となるものと養子となるものとの合意に基づき、養子縁組届が受理されることにより
   成立する養子制度です。

    民法においては『養子』として規定されていますが、「特別養子」に呼応する形で、普通
   養子と呼ばれます。

    親子・親族関係は終了しません。                 詳しくはこちら


   特別養子

    家庭裁判所の審判によって成立し、実親子関係を終了させ、要保護児童の保護を図る制度
   です。

    養子となるのは、6歳未満の子に限られます(一定の条件のもと、8歳未満の子も可)。

                                    詳しくはこちら


  養子の相続

   普通養子

    普通養子は、実父母との関係は終了せずに、養父母との親子関係が発生します。

    なので、養子は、実父母と、養父母、両方の相続人となります。

    あの子は叔父の養子になったから、相続人にはならないと思い込んで、養子になった子を
   除いた相続人で遺産分割協議をしてもやり直すことになります。

    養子自身が代襲相続人となるのは当然ですが、養子の子が代襲相続人となるかは、出生
    の時期により扱いが異なるので、注意が必要です。

    養子の子が、
     養子縁組前に生まれていた ⇒ 代襲相続人にならない
     養子縁組後に生まれた   ⇒ 代襲相続人になる


   特別養子

    特別養子は、実父母との親子関係は終了しますので、実父母の相続人になることはなく、
   養父母の相続人になるのみとなります


▲ページトップに戻る