HOME > 相続人とは

相続人にはだれがなるの?

 日本における相続制度は、相続人になる者の順位と範囲を民法に定めています。

 配偶者は常に相続人になります。以下に挙げるどの順位の相続の形になっても、相続人になるということです。ただし、相続分が変わってきます。


  相続人になる人とその相続分

順位相続人 相続分
第1順位 配偶者
配偶者 1/2
子 1/2
第2順位 配偶者
直系尊属(父母)
配偶者 2/3
直系尊属(父母) 1/3
第3順位 配偶者
兄弟姉妹
配偶者 3/4
兄弟姉妹 1/4


       相続人になれない場合



  こんなときはどうなるの?


   相続人に養子がいる場合

    養子は、養子縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得します。したがって、実子と同様
   の法定相続分を有します。

    また、普通養子の場合は、実親との親子関係がなくなるわけではないので、実親がなくなっ
   たときも相続人となります。


   相続人に養子がいて、養子が亡くなった場合

    養子に子供がおらず、配偶者がいた場合、直系尊属がいれば、配偶者と直系尊属が相続人
   となります。

    上にも書きましたが、普通養子の場合は、実親との親子関係がなくなるわけではないので、
   直系尊属には、養親と実親の両方が当てはまります。


   相続人に半血兄弟姉妹がいる場合

    被相続人の兄弟姉妹が相続人になる場合で、その兄弟姉妹の中に、半血兄弟姉妹がいる
   とき、半血兄弟姉妹の法定相続分は、全血兄弟姉妹の1/2になります。

     全血・半血兄弟姉妹
      全血兄弟姉妹とは、父母の双方を同じくする兄弟姉妹のことをいい、半血兄弟姉妹
    とは、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹のことをいいます。


   相続人に非嫡出子がいる場合

    相続人の中に非嫡出子がいても、法定相続分は嫡出子と同等です。

    以前は、非嫡出子の法定相続分は、嫡出子の1/2とされていましたが、2013年9月4日の最
   高裁大法廷判決で、違憲判決がなされ、民法が改正されました。

    これに伴い、2013年9月5日以後に開始した相続、2001年7月1日以後に開始した相続で、
   遺産分割協議が終わっていないもの
については、非嫡出子も嫡出子と同等の相続分を受け取
   ることができるようになりました。


   胎児がいる場合

    胎児も相続人になります。

    相続において胎児は、すでに生まれたものとして扱われます。ただ、残念ながら、死産と
   なってしまうこともあり、その場合は、遺産分割協議をやり直すこととなりますので、でき
   るだけ無事生まれてから遺産分割協議をする方がいいでしょう。

    また、胎児は代襲相続人にもなります。



▲ページトップに戻る