HOME > 養子の相続 > 特別養子

特別養子とは

 

養親となる者 ・25歳以上であること。
・配偶者のある者
 ※夫婦の一方が25歳に達していなくても、20歳以上であれば可。 ※夫婦の一方の嫡出子であるこの養親となる場合を除く。
養子となる者 6歳未満の子
 ※その子が8歳未満であって、6歳になる前から養親となる者に看護されていた場合を除く。
成立手続き・要件 ・家庭裁判所の審判
・実父母の同意
 ※意思表示ができない場合、父母による虐待など、養子となるこの利益を著しく害する事由がある場合を除く。
実親との関係 親子関係・親族関係は終了する。
 ※一方の嫡出子であるこの場合には、親族関係は終了しない。
離縁の要件 ・養親による虐待、悪意の遺棄その他養子の利益を著しく害する事由があること。
・実父母が相当の監護をすることができること。
 上記の場合で、養子の利益のために特に必要があると認める場合に、家庭裁判所の審判による。


▲ページトップに戻る