HOME > 特別受益とは

特別受益とは

 遺贈・生前贈与(特別受益)を受けた相続人を特別受益者といいます。

 共同相続人間の不公平をなくすために、相続の対象となる財産に、遺贈や生前贈与を持ち戻して、相続分を算定することになります。


  特別受益に該当する贈与

   婚姻のための贈与
   (持参金、嫁入り道具などの持参資産。結納金、挙式費用は含まない。)

   養子縁組のための贈与
   (支度金)

   生計資本としての贈与
   (特別な学費、独立に際しての営業資金、新築資金、新築ための土地の贈与)


  特別受益者の相続分




  贈与価額の判定時期

  贈与がされたときから、相続が開始するまでに長い時間が経つことが考えられます。この場
 合、土地や建物など、贈与されたものの価値が変動することが考えられます。

  その場合に、相続財産に持ち戻す贈与の価額は、いつの価額を採用するのかが問題となりま
 す。判例では、相続開始時の価額によるとされています。


▲ページトップに戻る