HOME > 相続Q&A

相続Q&A

遺言が見つかったんだけど?

  相続開始後、遺言が見つかったときは、その遺言が公正証書遺言以外の書式の時は、家庭裁判
 所の検認が必要です。

                                     検認とは


胎児も相続人になるの?

  胎児も、相続人になります。民法では、権利や義務の主体となりえる資格を『権利能力』とい
 ます。この権利能力はすべての人に認められますが、出生によって始まるとされています。

  しかし、相続については、胎児はすでに生まれたものとみなされるので(民法886条)、胎児
 にも相続権は認められます。

  残念ながら、死産となってしまった場合、この規定は適用されません。また、胎児には代襲相
 続権も認められます。


相続人になれなくなることがあるの?

  はい、あります。

  被相続人が死亡すれば、相続人になれる人を『推定相続人』といいますが、以下の2つの場合、
 相続人の地位をはく奪されると、規定されています。

   詳しくは、こちらへ

   相続欠格
    欠格事由が相続開始後に発生した場合、相続開始時にさかのぼって効果が発生します。
   また、欠格の効果は、その本人にのみ及びますので、欠格者の子は、代襲相続をすることが
   できます。

   相続人の廃除(民法892,893条)

    遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、もしくはこれに重大な侮辱を
   加えたとき、または、推定相続人にその他の著しい非行があったときには、被相続人は、そ
   の推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。


いつまでに相続手続きをすればいいの?

  相続手続きに期限はありません。

  しかし、相続税は、相続開始後、10か月以内に、申告しなくてはなりませんし、長い間、何も
 しないでいると、新たな相続が発生し、代襲相続が起こるなど、手続きが複雑になることもあり
 ますので、できるなら早めに行ってしまうほうがいいでしょう。


遺産分割協議の方法は?

  まず、遺言による指定があればこれに従います。
  遺言がない場合には、相続人全員で話し合って分割方法を決めます。多数決ではなく、全員合
 意です。

   全員の合意があれば、法定相続分と異なる遺産分割もできます(ただし、マイナスの財産に
   ついては、法定相続分に応じた分割をするのが原則です。)し、遺言と異なる遺産分割をす
   ることもできます。



▲ページトップに戻る