HOME > 相続人とは > 相続人になれない場合

相続人になれなくなる場合


  相続欠格

  欠格事由が相続開始後に発生した場合、相続開始時にさかのぼって効果が発せします。
 また、欠格の効果は、その本人にのみ及びますので、欠格者の子は、代襲相続をすることができ
 ます。

   具体的な欠格事由

    1.『故意』に被相続人または、相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに
     至らせ、または至らせようとしたために、刑に処せられた者。

    2.被相続人が殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただ
     し、その者に是非の弁別がないとき、または、殺害者が自己の配偶者もしくは、直系血
     族であったときはこの限りでない。

    3.詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、また
     は変更することを妨げた者

    4.詐欺または強迫によって、被相続人に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、また
     は変更させた者

    5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者

   以上の事由に当てはまると、法律上当然に、相続人になる資格を失います。たとえ、被相続
  人が、財産を残す旨の遺言を残していても、それを受け取ることはできません。

    欠格事由が相続開始後に発生した場合、相続開始時にさかのぼって効果が発生します。
    また、欠格の効果は、その本人にのみ及びますので、欠格者の子は、代襲相続をすること
    ができます。


  相続人の廃除

   遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えた
  とき、または、推定相続人にその他の著しい非行があったときには、被相続人は、その推定相
  続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。

   廃除は、遺言によってすることもできます。この場合、遺言執行者が、家庭裁判所に遺言に
  基づく廃除の申し立てをします。

   また、相続人の廃除は、被相続人の申立てに基づくものなので、廃除の取り消しをすること
  ができます。この場合も、家庭裁判所に廃除の取り消しを請求します。そして、廃除の申し立
  てと同様に遺言によっての取り消しもできます。



▲ページトップに戻る