HOME > 養子の相続 > 普通養子

普通養子とは

 

養親となる者 ・成年に達した者であること。
○配偶者のある者
 ・配偶者の同意を要する。
  ※配偶者とともに縁組をする場合、又
 は意思表示をできない場合を除く。
 ・未成年者を養子にする場合は、配偶
 者とともにしなければならない。
  ※配偶者の嫡出子を養子とする場
 合、又は意思表示をできない場合を除
 く。
養子となる者 ・尊属または年長者を養子にすることはできない。
・未成年者を養子にする場合、家庭裁判所の許可を経なければならない。
 ※自己または配偶者の直系卑属を養子とする場合を除く。
成立手続き・要件 ・届出
実親との関係 親子関係・親族関係は終了しない。
取り消し事由 ・養子となる者がが尊属または年長者
・後見人が無許可で被後見人と縁組
・配偶者の同意のない縁組    など
離縁の要件 ・届出
・裁判上の離縁
  他の一方から悪意で遺棄された場合
  他の一方の生死が3年以上明らかで
 ない場合              など


▲ページトップに戻る