HOME > 代襲相続とは

代襲相続とは

  代襲相続とは、被相続人の子が、相続開始前に亡くなっている場合などに、その者の子(孫)、または、被相続人に子や親がおらず、兄弟姉妹が相続人となる場合に、その兄弟姉妹が相続開始前に亡くなっている場合などに、その者の子、つまり、おい、めいが相続人となることをいいます。


  被相続人の孫などが代襲相続人となる場合

          

    孫も亡くなっていた場合には、孫の子(ひ孫)がいれば、孫の子が、孫の子も亡くなって
   いれば、またその子が・・・、と理論上は、永遠に続いていきます(再代襲相続)。


  被相続人の子が養子であった場合

   養子は、縁組によって、実子の身分を取得するので、当然に、相続人となりますが、養子の
  子が代襲相続人となるかは、出生の時期により扱いが異なるので、注意が必要です。

   養子の子が、養子縁組前に生まれていた ⇒ 代襲相続人にならない
   養子の子が、養子縁組後に生まれた   ⇒ 代襲相続人になる

   養子縁組前に生まれていた養子の子は、養親とは法定血縁関係が生じません。

   民法では、被相続人の直系卑属でないものは、代襲相続人にはならないと規定されていま
  す。(民法第887条)


  被相続人のおい・めいが代襲相続人になる場合

          

    おい、めいが相続開始以前に亡くなっていた場合には、その子が代襲相続人に
    なるという、再代襲相続はありません。


  代襲相続がおこらない場合

   本来の相続人が、被相続人の相続を放棄した場合には、もともと相続人ではなかったことに
  なるため、代襲相続はおこりません。



▲ページトップに戻る